クリニックで老け顔を改善|体への負担を軽減する手術|目の下のたるみを解消しよう

体への負担を軽減する手術|目の下のたるみを解消しよう

女の人

クリニックで老け顔を改善

ウーマン

放っておけば深くなります

年齢を重ねると気になってくるのが「しわ」です。顔にしわが増えてくれば、疲れていたり老けて見えるようになってしまいます。深く刻まれたしわは美容外科クリニックで治療してもらうのがおすすめです。しわには様々な種類があり、主に表情じわ、たるみじわ、乾燥じわに分けられます。表情じわは、眉間や目尻、額などにできるしわです。笑ったり顔をしかめたりなど表情を作ったときにできますが、年を重ねて肌の弾力が失われてくると普通の表情の時にもしわが残ってしまいます。たるみじわは筋肉の衰えにより皮膚が下に垂れ下がることで生じます。目の下の皮膚のたるみによってできるクマや口の両端にできるほうれい線などがあります。乾燥じわは、皮膚の潤いが失われることでできる目元や口元の細かいシワのことを言います。

レーザーや注射を用います

しわの治療法にも様々な種類があります。体への負担が少なく比較的手軽に行える治療法には、レーザー治療、ヒアルロン酸注入、ボツリヌス治療などがあります。レーザー治療は、レーザーを照射して皮膚の再生能力を高める方法です。たるみを改善し、若々しい肌にすることができます。ヒアルロン酸注入とは、人体の様々な部位に存在しているヒアルロン酸を溝に注入してしわを改善するという方法です。日頃のスキンケアでは改善できない深いしわもなくすことができます。ほうれい線や額、眉間のしわなど様々な部位に適用されます。ボツリヌス治療とは、ボツリヌストキシンという筋肉の働きを抑える薬品を注射する治療法です。主に、表情じわの改善に効果があります。